女性ホルモンのエストロゲンが減少し始めるのが40歳。急激に減少するのが45歳と言われています。
更年期の時期とは

個人差がありますが更年期の時期は、一般的には、45歳から55歳までと言われています。

しかし、年齢にかかわらず、卵巣の機能が衰えたときが「更年期」です。

なぜなら、エストロゲンを作っているのは「卵巣」だからです。

卵巣の機能が衰えるとエストロゲンを生産できなくなります。すると脳は刺激ホルモンを出してエストロゲンを作るように指令しますが、卵巣が脳の要求に答えられないため脳はパニックを起こします。

その結果、自律神経が乱れ、様々な体調不良や精神に影響を与えます。

この時期の不快な症状を「更年期症状」と言い、日常生活に支障をきたす場合を「更年期障害」と言います。

更年期症状が出やすい人

更年期症状が出やすい人には傾向があります。それには、環境と性格が大きくかかわっています。

環境では、家族などの身近な人、特に夫や子供、舅や姑との関係がうまくいかない人。性格では、非常にまじめできちんとしないと気が済まない人が更年期症状が出やすいと言われています。

なかなか難しいかもしれませんが、この時期、できるだけ「お気軽」に過ごすことが大切です。

エストロゲンを増やす方法

エストロゲンを増やすには色々な方法があります。

ホルモン補充療法

ホルモン剤を投与して減少したホルモンを補う方法です。服薬が主ですが、貼り薬(パッチ)や塗り薬(ジェル)もあります。

服薬・・1日1錠朝食後に服用
貼り薬・・2日ごとにおへその下に貼る
塗り薬・・既定の量を1日分として肌に塗る

個人差もありますが、50歳を過ぎるとエストロゲンはほとんどなくなってしまいます。ホルモンを補充することで、40代半ばの状態に持っていくことができるそうです。

ホルモン補充療法には、副作用として乳がんになりやすくなると言われています。

しかし、何もしない人の乳がんの発症率は1万人に5人、ホルモン補充療法を5年間続けた場合の乳がんの発症率は1万人に11人程度と言われています。(※この数値は2012年の数値ですので、現在では乳がんの発症率はもっと増えていると思います。)

エストロゲンを増やすサプリメント

大豆製品に含まれる大豆イソフラボンには、エストロゲンと似た働きをする成分「エクオール」があります。エクオールのサプリメントで減少するエストロゲンを補います。

その他の女性ホルモンの増やし方

お笑い芸人の大久保佳代子さんは更年期世代。そこで、ある番組で彼女の女性ホルモンが増えるかどうか実験を行いました。

3つの実験

①男性にちやほやされる⇒アップしない
②ピンクの物に囲まれる⇒11%アップ
③おっぱい体操をする⇒7%アップ
上記の結果になりました。

ピンクの色は女性ホルモンをアップさせると言うのは、本当だったのですね。と言っても、色は好き嫌いがありますので、ピンクが嫌いな人はピンクの小物を持つと良いですね。

おっぱい体操は、胸を大きくする効果もありますので、中高年以降ぜひやりたい体操の1つです。垂れて萎んでしまったおっぱいがふわふわになります。