今まで、ずっと悩ませられてきた私の更年期障害ですが、少しずつ改善しています。

自分にとって合っていると感じるものに、ルイボスティーとエクオールがあります。

エクオールは、女性ホルモン「エストロゲン」に似た作用をする更年期の女性のためのサプルメントです。

エクオールは製薬会社各社が販売していますが、更年期専門の婦人科の医師が開発した「エクオール+ラクトビオン酸」を飲み続けています。

「エクオール+ラクトビオン酸」は、現在日本で一番売れているエクオールです。

そして、飲み物はルイボスティーです。

他に、アボカド納豆など食べるようにしていますが、毎日続けているのはこの2つです。

エクオール+ラクトビオン酸のことはこちらで書いています。

ルイボスティーの効果

ルイボスティーは抗酸化作用が高く、少しでも老化に抗うために飲んでいます(笑

ルイボスティーは、更年期の女性以外に妊活している女性に人気です。毛細血管を育てる作用があるため身体の「めぐり」にも良いし、母乳の出が良くなると言った意見もあります。

私たち更年期の女性は、妊娠も母乳ももう関係ありませんが、「血管の老化を防ぐことが若さを保つ」ことなので、妊婦以上に飲みたいお茶です。

毛細血管が死んでいく「ゴースト血管」

身体を若く保つには、一にも二にも血流を滞らせないことです。漢方では、血液の流れが滞ることを瘀血(おけつ)と言い、病の根源とされています。

この瘀血(おけつ)状態の人は身体の隅々まで栄養を届ける毛細血管が死んでいく「ゴースト血管」である可能性があります。70代になると30代の時と比べて血管が30%も減ってしまうと言う報告もあります。

老化により血管の内側の細胞が壊れると血液が漏れ出すと言う現象が起こります。

漏れた血液は体のいたるところで炎症を起こし「慢性炎症」の状態になると、さらに新たなゴースト血管を引き起こすと言う負のスパイラルに陥ります。

ゴースト血管になると、冷え性はもとより免疫力が低下し、若さが失われていくと言う受け入れたくない現実が待っています。

毛細血管を守るのはTie2(タイツー)という体内レセプターがカギ

毛細血管を守るにはTie2(タイツー)という体内レセプターを活性化し、血管の壁の細胞を強い物にしないといけません。

Tie2(タイツー)を活性化させる食品に、シナモンやルイボスティーがあります。

Tie2(タイツー)を活性化させるルイボスティー

ルイボスは、南アフリカ原産の植物で、葉や茎を乾燥させてお茶として飲みます。

ルイボスティーと検索すると安価なものから高価なものまで何を基準にして選べばよいか分からないほど販売されています。

ルイボスティーのグレード

ルイボスティーも日本茶のようにグレードがあるのはご存知ですか?

ルイボスの茶葉にはグレードが3段階あります。
・クラシック
・エクストラ
・プレミアショート
です。

私は、クラシックで1級品のオーガニックハーブティを飲んでいます。クラシックは、鍋ややかんで煮出すタイプです。

農薬や化学肥料を一切使うことのない有機栽培です。また、添加物や保存料・着色料は使用されていません。

と言うととても高そうに感じますが、30袋3000円ほどなので、1袋当たり100円になります。

1袋を1.8リットルの水で10分ほど煮だします。ルイボスティー特有のキレイな赤い色のお茶が出来上がります。

ルイボスを煮出す

1袋を1.8リットルできるので、1杯辺り(200cc)は、11円ほどになります。ペットボトルのお茶より安いですね。

アイスルイボスティー

まろやかでサッパリして薬膳のほのかな香りがして美味しいです。

私は暑い夏場でも身体を冷やさないためにホットで飲むことが多いですが、冷たくしても美味しく飲めます。

ホットルイボスティー

美容健康のため家族みんなで飲むのは良いですね。カフェインレスなので小さな子どもから妊婦さんまでOKです。

アイスルイボスティー02

なるべく良いルイボスティーを飲みたい方は、農薬や化学肥料は一切使用せず栽培された茶葉で、添加物、保存料、着色料などの成分を含まないオーガニックがおススメです。

クラシック(煮出し)、エクストラ(ティパック)、プレミアショート(和風ティパック)と3種類のルイボスティーがお試し価格(1,820円)でたっぷり味わえるお得なセットはこちら
オーガニックルイボスティーお試しセット

忙しくて煮出している時間なんてないよね・・って方は、どこでも気軽に飲めるティーパックタイプが向いています。

減ってしまった女性ホルモンには「エクオール」、毛細血管には「ルイボスティー」、是非お試しください。