更年期のホットフラッシュ・大量の汗、ホントいやですよね。かいてほしくない時にかぎって大量の汗をかいたり、一人で暑がっていたり。「も~う、イヤ!」と叫びたくなります。

ただ、汗をかいているならまだしも、その汗が「臭う」ときたら、さらに気になってもう外出することも怖くなります。

女性の加齢臭

発汗は、多汗症、緊張やストレス、更年期障害(ホットフラッシュ)などで見られますが、甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)などの病気が隠れていないか内科や内分泌科などで血液検査を受けます。

そこで問題がなければ、内分泌系の病気ではないため、皮膚科や心療内科、婦人科などに移っていきます。

多汗症は、更年期障害とは違い、25歳以下の若いころから症状が出始めます。

幼稚園児でも手の平の汗がひどく悩んでいる親御さんがいます。手汗がひどく電気機器が壊れてしまうほどの重症の人もいます。

このような方は、「発汗異常外来」などを受診してみると良いですね。東京医科歯科大学の附属病院の皮膚科には「発汗異常外来」があります。

その東京医科歯科大学病院発汗異常外来の藤本智子先生がテレビ番組内で更年期にも参考になる汗の話をしてくれましたので、ご紹介します。

汗の種類

汗は体温を調節するための大切な機能です。汗をかかないと体の中に熱がこもり熱中症のような症状になります。

汗は、身体全体で200から400あると言われるエクリン線から出て、汗そのものは無臭です。

汗がニオウのは、皮膚の上にいる常在菌が汗によって繁殖し、それがニオウからです。菌は、汗と水分を栄養にして増えていくのです。

そんな汗の臭いには、30代の体臭、更年期女性の加齢臭、疲労臭などがあります。

30代の体臭

30代の頃から汗をかくと体臭が強くなったと感じるのは「過酸化脂質」が原因です。

過酸化脂質は、個人差がありますが、加齢とともに作られる量が増えてきます。特に、脂っこい物を多く食べる人は過酸化脂質が原因の体臭が強くなる傾向にあります。

ちょっと体臭が油っぽくなってきたら注意ですね。

更年期の体臭

実は女性ホルモンには汗をかきにくくし、かいた汗が酸化するのを防いでくれる働きがあります。

そのため、女性ホルモンが減少する更年期は臭いの対策が必要になります。汗の種類もサラサラ汗からベタベタ汗に変わってきます。

ホットフラッシュでかいた汗の中には、臭いの原因となる「ノネナール」が量が増えてきます。これが女性の加齢臭となります。

疲労臭

疲労がたまると汗の中にアンモニアが出てきます。これが疲労臭と言われる臭いの元となります。

疲れがたまり肝臓の機能が落ちると、アンモニアを分解する能力も低下します。これにより分解されなかったアンモニアが汗になって出てきてしまうのです。

この疲労臭を防ぐには、ゆっくり休み疲れをとることですが、シジミなどに含まれる成分「オルニチン」などで肝臓のアンモニア分解機能を高めるのも1つの方法です。

また、疲れがたまってきたと感じたら、黒酢や梅干し、柑橘類などに含まれる「クエン酸」を摂るのも有効です。

更年期に汗をかいたり疲れがたまっているときは、女性の加齢臭に疲労臭がプラスされますので、ますますニオイ対策が必要になりますね。

疲労臭改善レシピや疲労臭をすぐに撃退できる「みょうばん水」の作り方はこちら

ニオイ対策

更年期の汗のニオイ対策をご紹介します。

ベタベタ汗をサラサラにする

汗を抑えるのではなく、良い汗をかくようにします。サラサラ汗には臭いはありません。運動や半身浴などで汗腺を活発にし、サラサラ汗が出やすい体質にします。

食事を見直す

肉類の多い食事は体臭がきつくなります。野菜や抗酸化作用のある食物を多く摂るように心がけます。

野菜の多い生活は、美容に良いだけでなく、便秘を防ぎ、ガンをも予防してくれます。

濡れたタオルで拭く

ホットフラッシュで大量に汗をかいたとき乾いたタオルやハンカチで拭いていませんか?

まずは、汗を放置しないようこまめに拭くことが肝心ですが、汗は水溶性なので、乾いたタオルより濡れたタオルで拭く方がより臭いを防げます。

しかし、更年期の汗は顔にかくことが多く、濡れタオルで拭くとお化粧が落ちてしまうし、拭いたあと乾燥して肌がカピカピになることも・・・

そんな時は、保湿効果のある濡れティッシュなどで抑えると良いですね。

こまめに拭いているとファンデーションが取れてしまいますが、汗でも取れない専用のファンデーションも販売されています。

消臭アイテムを使う

今、サプリメントから肌着まで、消臭アイテムがたくさん出回っています。それらを利用するのも良いですね。

  • サプリメント・・食べることで息や体から良い香りが出る
  • 石けん・・消臭とスキンケアを兼ねた女性用ソープ
  • 肌着・・速乾性があり消臭効果もある肌着
  • 制汗剤・・汗や臭いを抑え、雑菌の繁殖を防ぐ
  • アロマバンド・・良い香りがする

アロマバンド

アロマバンドは、虫よけ対策として販売されていますが、アロマの良い香りがするため臭い対策として使用する人もいるようです。色もカラフルで可愛いですね。

女性ホルモンを補う

女性ホルモンには、汗をかきにくくなる作用とかいた汗が酸化するのを防いでくれる働きがあると言います。

女性ホルモンの減少による多汗と臭いには、手っ取り早く女性ホルモンを補うことが近道です。

ホルモン剤での補充はイヤと言う方は、女性ホルモン様食品を積極的に摂るのも対策になります。