ここでは、30代、40代、50代女性の更年期障害・更年期時期の不調・その対策をご紹介しています。

更年期障害体験談01

更年期障害の色々な症状は、自分ひとりだけではなく、同じ時期、多くの女性が体験しています。この体験談が同じように更年期障害でツライ思いをしている方のお役に立てば幸いです。

更年期障害体験談 その1

最大の悩みは顔汗 40代女性

40代になった途端に更年期障害だと思わせる症状,冷え,うつ,多汗が気になりだしました。中でも,最大の悩みが多汗、特に顔汗です。

それほど暑いわけでもないのに、少し動いただけで顔から汗が噴き出てきます。吹き出るだけならまだマシです。それでは留まらず,流れ落ちてきます。朝のラッシュ時、混雑している電車内、滴ってくるほどの顔汗。

ですが、満員電車では周囲と密着しているので、汗を拭くのも気が引けます。そんな時は、平気なふりを装いますがポタポタ垂れてきます。

夏の時期には髪の毛まで染みこみ,まるでシャンプーした後のようにずぶぬれになります。顔周りは髪の先から水滴が滴ってくるほどです。

なんとかしたいと思いながらも,医療機関を受診するのも面倒なのでひたすら我慢しております。

やる気がない 46歳女性

更年期障害の症状を感じ始めたのは今から約2年前の44歳の時です。8時間や9時間寝てもだるさや疲れが取れず、いつもやる気がない状態が続いていました。

少し家事や仕事をしては横になりの繰り返しで最初は風邪でもひいたのかと感じていました。

ただ、このような状況がずっと続くし、もしかして更年期障害の初期症状かもと感じ、ネットで色々調べてみました。調べた結果、やはり更年期障害の初期症状だと感じ、ホルモンバランスを整えるイソフラボンを積極的に摂るようになりました。

味噌や納豆など大豆製品を積極的に食べたり、大豆イソフラボンのサプリを摂取しています。食生活を改善した結果、以前よりはだるさは改善されましたが、完全に回復したわけではなく、時々だるさは感じています。

かなり火照りがある 47歳女性

47歳の女性です。47歳で初めて3か月ごとに生理がくるようになりました。初めは分からずで心配しましたが最近、やっと慣れてきました。

3か月無くて一ヶ月ありの繰り返しですが、これが更年期?かと思いました。かなり火照りがあり暑くて暑くて耐えられなかったのですが真夏を過ぎたら少し落ち着きました。

気持ちの浮き沈みが激しくて辛かったですが気分転換をしながら乗り切るしかないと自分に言い聞かせるようにしています。

これから辛い更年期に入るのか?と思うと嫌になりますが、あまり深く考えないで仕事をして子育てしてと乗り切れたら良いと思います。

話には聞いていましたが、いざ自分がなったと思うと心配はありますが、まだまだ初っぱななんで子供を支えに頑張ります。

かいてほしくない時に限って汗をかく 40代女性

生理がなくなって1年。先ず来たのがホットフラッシュ

営業の仕事をしているのですが、お客様の商談中、電車の中と、かいてほしくない時に限って汗をかく。ハンカチは、最近2枚持ち歩くようになりました。

それからと言うもの、何をするにもダルい。マイナス思考。イライラ。これでは、どうしようもないと婦人科へ。「閉経です。女性ホルモンが11%」この言葉にショックを受け落ち込み。

私の場合以前、心不全を起こした事もあり、ホルモン注射は出来ないとの事。とりあえずの、漢方薬。少しは善くなっているのかな?と言う程度です。

ただ、精神的な落ち込みはこの漢方薬では善くならず、回りから薬を飲むと楽になると言われてはいるものの抵抗があり、未だに薬は飲んでいません。

更年期、受け入れなきゃならないのに受け入れきれない自分と、毎日葛藤中です。そして、最近口の回りの毛が濃くなって来ました。

世間が暑いのか自分だけが暑いのか 40代後半女性

40代後半になってから、よく汗をかくようになりました。それまではあまり汗っかきではなかったのですが、季節に関係なく汗がじわっと出てくるようになってきたのです。

特に夏などは、世間が暑いのか自分だけが暑いのかよくわからず、家族に「今、暑い?」などと聞いてみることも多かったです。

具体的な症状としては、背中に熱を感じることがよくあり、目の下、ひじやひざの裏にも汗がたらっと流れることもありました。俗に言う「ホットフラッシュ」という症状だと思います。

ただ、辛くて我慢ができないというレベルではなかったので、あまり気にしないようにして、自分の好きなテニスをしたり、映画やショッピングを楽しむなどしているうちに、症状が軽くなったように思います。

更年期障害を舐めてはいけない 40代後半女性

更年期障害と診断されたのは47歳のときです。

私の場合は40歳を過ぎたあたりから少しずつ生活にメリハリが無くなり身体が思ったように動かなくなりました。

46歳の時に生理がピタッと止まってしまい、正直「生理が来ないなら来ないで楽だわ!」なんて軽く思っていたのが間違いでした。

まだ40代半ばでしたし、小学中学年の娘も居ましたので更年期?とは認めたくなかったのもありました。しかし、時々1日中動けなかったり寝たきりになったりという生活になり始め、これではいけないと思い婦人科の門をくぐりました。

「更年期障害を舐めてはいけない」と先生のキツイお言葉と薬のおかげで少しずつ良くなってきています。

私はネットサーフィンするのが好きでしたので、気分のいい時に更年期障害のことを調べました。そして婦人科の病院の口コミや評価など調べて今の産婦人科の病院へ通っています。自分で楽だと判断せず、病院へ行くのは大切だと思います

子宮内膜症で婦人科で投薬治療 アラフォー独身女性

私はアラフォーで独身。近年自分が子宮内膜症であることが分かり、婦人科で投薬治療をしています。その薬(ホルモン系の薬)を服薬するようになり、体調そのものが良くなって来ました。

女性ホルモンの薬のせいか、元々はガリガリだった体型がすこし太りました。

そのせいだと思っていたのですが、汗をかくようになりました。最初のうちはひどい冷え性だったので、逆に汗をかくようになり良かったと思っていましたが、友人に話したところ、年齢的な問題だよと言われました。

とは言え薬の服用を辞めることはできないので、汗をかくのは仕方がなく、せめて制汗剤でエチケットだけは徹底するようにしています。

更年期になると血管が膨らみ足手にかゆみ アラフォー女性

突然、手が赤くなり、かゆくなったら?

アラフォーの私です。昔から自律神経は弱く、大学受験は必要以上に緊張したタイプでした。体もすぐだるくなり毎年夏は栄養ドリンク飲んでいます。

生理がくるとほっとしています。でも、まだ年齢が40歳なったばかりで、お医者さんには若年性更年期といわれるのでは?と怖くて相談できません。

そんな私ですが、最近朝起きたら手が赤くてかゆくなっていました。4、5日続いたのでちょっと気になり、皮膚科を受診しました。かきむしるほどではなく、我慢していれば我慢できるのですが、さすがに手も赤いし気になりました。

先生は「更年期には早いしね・・・」と私が症状を話した後にぽつりと言いました。更年期になると血管が膨らみ、足や手にかゆみを起こすのです。

この話を先輩や友人に話しました。そんなん、経験する年になったんだよ、私も40代前後はあったよとさらりと。なんだか気持ちが軽くなりました。

大豆イソフラボンをたくさん摂取 40歳女性

30代後半ごろからPMSのような症状が出てきました。それまでは生理痛や生理前の不快な症状は全くありませんでした。

症状は生理前に胸が張る、お腹が重い、イライラする、眠くなるなどです。早ければ30代から更年期が始まるそうですので、焦りました。

一般的に更年期に良いとされる「大豆イソフラボン」をたくさん摂取しようと味噌汁、納豆を毎日食べました。また、ネバネバも良いと聞いたので、オクラ、山芋、キウイなども週一回は食べました。
それ以外には規則正しい生活を心がけるよう努めました。

完全になくなってはいませんが、今では不快なPMSがかなり緩和されたので、食事と規則正しい生活を送るという対策は効果があると思います。

子宮・卵巣を全摘出 42歳主婦

42歳主婦です。三年間に子宮、卵巣を全摘出しました。その時点で一年後には更年期障害がでると言われていました。

やはり、突然体が暑くなり汗がでてくるホットフラッシュやイライラが始まりました。

うつになるようなひどさではなかったのですが、イライラは家族を巻き込んでしまうので、やり場のないイライラは辛かったです。

病院で、漢方薬を処方してもらい一年くらい飲みました。私は軽い方だと思いますが、経験して感じたことは、無理に治すのではなく、逆に更年期障害に慣れることも必要なんじゃないかと。そう思うと自分の気持ちも楽になりました。

いずれ更年期障害はおさまることなので、その時が来たら何をしたいのかとか、ストレスをどう緩和するかを考えました。あとは、同年代の友人に何でも話すことで、同感してくれることが何よりも助けになりました。

次のページボタン