ここでは、30代、40代、50代女性の更年期障害・更年期時期の不調・その対策の体験談をご紹介しています。

更年期体験談 イライラ

更年期障害の色々な症状は、自分ひとりだけではなく、同じ時期、多くの女性が体験しています。この体験談が同じように更年期障害でツライ思いをしている方のお役に立てば幸いです。

更年期障害体験談 その3

ちょっとしたことでイライラ 45歳女性

45歳を過ぎ、更年期になると、よくイライラするということを聞いたことがありますが、まさに自分も同じような症状が出てびっくりしています。

42歳ごろから、ちょっとしたことでイライラするようになりました。前はこんなことでイライラしなかったのにと思うようなことでもイライラしてしまいます。

特に生理になる前などは、そのイライラに拍車がかかってしまいます。これは更年期なのかなと気が付かず、3年も過ぎてしまいました。

45歳になると、そろそろ更年期かなと思い、更年期に関する記事などを読むようになりました。そこで、更年期の症状にイライラというのが書いてあり、これは更年期のせいなんじゃないかと思うようになりました。

そこで、今は朝晩納豆を食べています。納豆は女性ホルモンと関係があるらしいので、その効果に期待しています。まだ始めたばかりなので、これから改善されるといいなと思っています。

少し動くだけで大量の汗 30代後半女性

私は現在30代後半ですが、昨年妊娠から産後まで止まっていた生理が再開しました。しかし妊娠前とは違って、生理周期が不安定になっています。

それに合わせて時期によってはイライラ感や憂鬱な気分を感じたり、少し体を動かしただけで汗を大量にかいたり何も動いていなくても動悸を感じるようになりました。
年に1度産婦人科で検診を受けるのですが、その時に医師に相談したらもう更年期に入っていてもおかしくない年齢なので、そのような症状は更年期障害と考えてよいだろうと言われました。

年齢的なものなので仕方はないと思うのですが、時には家事や育児をすることに影響を及ぼすこともあるので、現在は他に精神疾患のために受診している心療内科で同じような相談をして更年期障害の症状を緩和できるような漢方薬を処方してもらっています。

イライラが止まらない 40代女性

私の場合、まずイライラが止まらないのです。ただ、このイライラ、月経前症候群の頃からの物なのでまたか・・・程度に思っていました。

しかし、家族に当たりまくりあまりにも迷惑をかける様になって来たのと、暴力にまで発展して行っていた為もしもの事があってもと考え婦人科に通う事にしました。

ただそこまでの経過の間にも、ホットフラッシュと呼ばれる大量の汗がいきなり出始めるなどもありましたので、月経前症候群は終わり年齢的(40代です)にも更年期を疑った方がいいかなと思っての事です。

婦人科に行っても1件目は症状なしと言われ何の治療も薬も貰えず終了。2件目でプラセンタ注射。でも改善せず。3件目で漢方を頂いて続けてみてやっと少し良くなったかなという感じです。

これからもしんどさはありますが、期待を持って行きたいと思っています。

お客様の前で汗が止まらない 50代女性

50歳になったとたん、急に顔がカーッと火照る事が1日に何回かあり、年齢的に更年期なんじゃないかと思いだしました。とにかく急にカーッとなって、お客様の前で汗が止まらなかったりするので本当に困りました。

後は、急に気分が落ち込んだり。今までは、そんなに気分の浮き沈みが無い方だったのに、どうして?と思ってしまいます。

また、この頃酷い便秘になり半月ぐらいお通じが無かった時がありました。私の場合は、すぐに更年期だと思って、これはみんな更年期のせいだから仕方がない、と思った事が良かったのかもしれません。

とりあえず、食事に気をつけたり体を動かしたりして便秘の解消から始めました。1つ問題が解消されると気持ちが軽くなってきて、気分の落ち込みも音楽を聴いたりすることでかなり良くなりました。

今は、症状が自分でかなりコントロール出来るので無理せず更年期の時期を過ごそうと思っています。

ネガティブな精神的不調 40代女性

更年期なんて、自分には関係ないことのように思っていましたが、40歳をすぎてから、体調の変化がいくつか出てくるようになってきました。

更年期障害と思われる主な自覚症状は、イライラや気分の落ち込み、不安感といったネガティブな精神的不調を感じることです。

あとは、体が火照って、家族の中でも私ひとりだけが暑い暑いと言って頭から汗が流れてくることもあります。今までは、それほど汗かきでは無かったのですが。

生理前には、特に症状が重くなる気がします。

とにかく疲れたら無理をせず休養を取ること、あとは、体を動かしたほうが調子がいいので、できるだけ歩いたりストレッチをしてリラックスするようにしています。

「そんなに暑いですか?」 40代女性

更年期障害が疑われる症状が出始めたのは、40才になった頃からです。職場の先輩から聞いていたものと同じ症状が起きています。

ひとつは、少し暖かい場所や少しの作業で、やたらと汗をかきます。それもサラッとした汗、ではなくベタッとする汗です。

私より若い人に「そんなに暑いですか?」と聞かれるほどです。汗の匂いも気になるので、拭き取りシートを持ち歩いています。

もうひとつ、体が異常に疲れやすいことと、生理の周期も変わってきて生理痛も酷くなり、薬無しでは過ごせません。

それから、口臭も出てきています。歯を磨いても、内臓からきている匂いなのか治らないので誰かと会話をするときは事前にガムを噛んだり、飴をなめたりと気にしています。

亜鉛と大豆イソフラボンを摂る 46歳会社員女性

46才、会社員です。2年ぐらい前から冬でも突然顔が熱くなり多量の汗が止まらないようになりました。

会社で来客対応もしているので、対応中に症状がでたらという焦りもあり、状態が悪化。会社には事情を伝えしばらくデスクワークを中心に仕事ができるように配慮してもらいました。

改善策として「体を温めること」と「食生活の見直し」を行いました。

私は入浴はシャワー中心でしたが、湯船につかるスタイルに変更。また、肩首の温めとして「あずきのチカラ」というグッズを利用。首の温めは効率的に体全体を温めることができるそうで、これだけで血行がだいぶ良くなりました。

食事はインスタント食品は避け、ホルモンバランスを整える働きがある食品、亜鉛を含む牡蠣やレバー、大豆イソフラボンを含む大豆製品を摂るように意識しました。

症状がひどい時は外出を控え、家で好きな音楽を聴きゆっくり過ごします。これだけで症状はだいぶ改善されましたように思います。

更年期なら倦怠感や不眠の症状も納得 40代女性

40歳を過ぎたあたりから症状が出てきました。

初めに気がついたのは汗です。今まで首や後頭部に汗などかいたことはありませんでしたが、ひどい時は首に汗が流れてくる状態です。もちろん周りの人は涼しい顔をしている季節。これはもしかしたら少し早いけど更年期なのかなと考えました。

更年期と考えれば疲れているだけだと思っていた倦怠感や不眠の症状も納得です。それからは症状を軽くする方法はないかと、いろいろ調べては試してみました。

まだ試している最中ですが現在行っている対策は、市販の大豆サプリメントを服用しながら豆乳を積極的に摂取すること。

それと気持ちを落ち着ける時間をつくることも大切ですので、簡単なヨガやストレッチを取り入れています。

上手くいかない時も多いですが、なるべくゆったりとした気持ちを心がけてます。

ハンカチを2枚と扇子を携帯 年代不詳

ホットフラッシュと言われる状態だと思いますが、突然暑くなって大量の汗をかく事があり、私の場合は特に首や脇の下に多く汗をかきます。

そんな時は心臓がドキドキして周りに悟られないか焦ります。落ち着かせる為に、大きく深呼吸をしたりして自分で気持ちをコントロールしています。

常にハンカチを2枚以上所持し、扇子なども携帯してすぐに対処できるようにしています。薄目の洋服だと脇汗が染みてしまうので、出来るだけ中にTシャツのような物を着るようにしています。

また、毎月の生理が不規則になっているため、いつ生理がくるか予測不能の状況です。そのため、外出の際は欠かさず生理用品を持ち歩き、緊急時に備えています。最近は、外出自体が億劫にさえなってきています。

更年期障害は遺伝もある 年代不詳

更年期障害は若干症状の遺伝があるかと思います。というのも私の母も現在の私と同じ症状があったからです。

主な症状としては、怠さ・ふらつき・めまい・大量の汗・イライラ、そして些細な事でヒステリックになり泣きたくなる様な気持ちが常にありました。

最初は風邪かな?と思っていたのですが薬で治る気配もなく、段々と鬱っぽい症状になりおかしいと思い姉に相談しました。すると、姉が言うに昔の母と同じ症状で、その時は母更年期障害だったようだと教えてくれました。

そして病院に駆け込むとやはりそう診断されました。自分では自覚していませんでしたので驚きました。

様子を見ようと言う事で特に何もしていなかったのですが、毎日の娘たちのお弁当作りやパートに支障が出来かねないので何とかならないかと自分で調べてみました。

そこでプラセンタをとり始めました。半年程は正直変わった気がしませんでしたが軽くなった気がします。

第二の脳と言われる腸内環境を整える 30代後半女性

わたしの更年期かな?と思う症状は、ふわふわめまい、ホットフラッシュ、動悸、息切れ、頭痛、身体が重い、だるいなどです。酷い時は、毎日のように症状があります。

改善策としては、まずは軽い運動を始めました。体調が優れないため、ハードな運動は出来ないので、ラジオ体操やウォーキングなどです。1日少しでも良いので、なるべく毎日やる事。

あとは、メディカルアロマを取り入れました。薬と違って、副作用もないですし、アロマには神経を整える作用があると聞いた事もあったからです。

今話題になっている第二の脳と言われている腸内環境を整えるためサプリを服用しています。

これらで随分わたしは改善したように思います!!

次のページより「更年期一般」の体験談になります。

前のページへ 次のページボタン