私は48歳の専業主婦です。

こんな私が更年期障害と思われる症状が出始めたのは、今から1年前の47歳の頃。

手のしびれが最初に感じた自覚症状です。

手のしびれ

しびれの原因は色々とあるものの自分の場合どこに該当するのか分かりませんでした。

何科にかかって良いか分からなかった私は、結局、総合病院の整形外科を受診しました。

その結果、私の手のしびれの原因が、更年期障害によるものであることが高いという結果が判明しました。

治療は整形外科でなく婦人科を進められて、その翌日私は婦人科を受診しました。

その婦人科で処方されたのが現在服用中の”牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)”という漢方薬です。

”牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)”は、「排尿困難、頻尿、むくみ、かゆみ、下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、高血圧に伴う肩こり、頭重、耳なり」などに効果があるとされる漢方薬です。

重だるい、うっとうしい痛み、慢性的な痛みは、筋骨に栄養分が不足するとともに、「気」「血(けつ)」のめぐりが悪くなることで起こるというのが漢方の考え方です。

「牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)」は、筋肉や骨に栄養分を与え、水分代謝を良くする「八味地黄丸(はちみじおうがん)」という処方に、体を温めて血行を良くする生薬や、余分な水分を排出する生薬を加えた処方です。

Kracie(クラシエ)漢方セラピーより

体力がなく、冷え性の方に向いている漢方です。

その他にも手のマッサージを行うと良いとアドバイスされたので、入浴の際に手をもみほぐすようにマッサージしています。

その結果徐々に症状は改善。それ以外にも手足の冷えのひどかった私ですが、この牛車腎気丸のおかげか冷えの悩みも改善しています。

更年期障害は症状は様々でしょうけど、女性なら誰しもある一定の年齢になれば乗り越えなくてはならないものです。

自分の症状に向き合って、これからも前向きにケアを進めてゆきたいです。

前のページへ 次のページボタン