みなさんは膣ケアをしていますか?

膣はケアをしないと、どんどん萎んで硬くなり、痩せて弾力がなくなり、潤いが無くなります。

デリケートゾーンのケア

ケアを継続していたり、パートナーとセックスを継続している人は、更年期になっても比較的膣の衰えがないそうです。

しかし、パートナーとはセックスレス、生理もあがったし、もう膣なんてどうでもいいわ~、考えるのもまっぴらゴメンと思っていると、婦人科系の病気のリスクも上がると言います。

膣ケアは海外では当たり前、とくにフランスやイタリアでは更年期に関わらず、若いころからしっかり膣のケアをするそうです。

日本とフランスの膣ケアの違い

フランスの場合

  • オイルで会陰マッサージをする
  • 膣の黒ずみを防ぐクリームを塗る
  • 陰部専用のソープで洗う
  • ホームドクターがデリケートゾーンのケアのアドバイスをすることもある
  • 母が娘の性教育をするのは当たり前

ここは、日本ですからフランスの通りにするのが正解だとは言えませんが、見習うべきことがあるのは確かです。

日本の膣ケアが遅れているのは、日本人は陰部の話はタブー視する傾向にあり、恥ずかしいと思う人が多いのがその理由のようです。

膣の衰えは膣の乾燥から

膣が潤うのは、エストロゲンがしっかりと分泌されているからです。

更年期は、このエストロゲンが急激に減少しますから、膣が潤いをなくす時期でもあるんですね。

膣の潤いが無くなると粘膜の粘度も低下し、菌が繁殖しやすくなるので膣炎などの婦人科系の病気のリスクが高まります。

自分の膣のチェック法は、清潔な指で膣に触れること。健康な時は膣が潤い弾力があります。

指で触れ続けることで、感覚が研ぎ澄まされ、体の微妙な変化に気づくことができます。

膣は健康のバロメーターとも言われています。

膣ケアグッズの選び方

膣ケアグッズはデリケートな部分に使用しますので、何でも良いと言うわけにはいきません。

そのほとんどが粘膜のデリケートゾーンは経皮毒の吸収率が高い場所ということもあり、安全性が高い商品が望まれます。

そうは言っても、今まで膣ケアをしてこなかった女性は、何からしてよいか分かりませんよね。

ここでは、初心者さんにおススメの膣ケアグッズをご紹介します。

ただし、デリケートゾーン専用といってもイタリア製や日本製など混在しています。お肌に合わない場合はすぐに使用を中止してください。

アンティームフェミニンウォッシュ

アンティームフェミニンウォッシュ

臭いや陰部の群れを防ぎ、肌を引き締めます。また肌を整える保湿効果も期待できます。

デリケートゾーンのphに合わせて作られているので限りなく刺激が低いです。

@cosmeでは、刺激も少なく安心して洗え、蒸れにくくなったという口コミがあります。

アンティームハイジーンシート

アンティームハイジーンシート

外出先でも使用できるよう持ち運びが便利なウエットタイプの拭き取りシートです。

外出先で蒸れや臭いが気になるときにさっと使えて便利です。使用後はトイレに流せます。

アンティームホワイトクリーム

アンティームホワイトクリーム

黒ずみが気になる肌に、潤いを与え保湿し明るい肌色に導きます。オイルによるエモリエント効果ですね。

また、ワキやデリケートゾーンの脱毛処理後の黒ずみにもおススメです。

@cosmeでは、ワキとデリケートゾーンが白くなったと言う口コミがあります。

インティメール バーシングオイル(日本製)

インティメール バーシングオイル

会陰部分を柔らかくするマッサージオイルです。

妊娠後期の妊婦さんが出産に向けて会陰を柔らかくするための専用オイルとして使われています。

会陰が硬いのと軟らかいのでは、スムーズな出産にも関わってきます。

更年期の女性も硬くなりがちですから、もう出産しなくても使えるオイルだと思います。

アンティームは、デリケートゾーンに特化したソープやクリームがあり、女性にとって気になる部分の製品に特化したブランドです。

用途の幅も広く助かりますが、お手入れが楽しくなる可愛いパッケージも魅力です。

減ってしまったエストロゲンの増やし方

減ってしまったエストロゲンを補うには、「エクオール」などのサプリメントがおススメですが、その他に「愛のあるセックス」をすることが重要だそうです。

「愛のあるセックス」・・こればかりは自分一人ではどうにもならないですが^^; 膣ケアグッズやエクオールなどのサプリメントなら自分一人でも若さと美貌?を保つことは可能ですね。