更年期になると股のニオイが気になる人が増えます。

股がくさい

子宮がんの症状に、おりものが増える、おりものが臭う、魚が腐ったニオイがするなどがありますので、ニオイが気になったらまずは検診です。

検診で病気が隠れていないことが分かった場合、膣内のデーデルライン桿菌(かんきん)が減少したことにより、膣内の細菌が増え、臭いが強くなった可能性があります。

デーデルライン桿菌(かんきん)とは

デーデルライン桿菌とは、膣内に常在する体にとって良い菌の1つで、膣の中で乳酸を作り出します。

これにより、膣内は強い酸性に保たれ、外からの感染を防ぎ、雑菌が繁殖することを防いでいます。俗に言う「膣の自浄作用」ですね。

おりものが下着に付いたとき、酸っぱいようなニオイがすることがありますが、デーデルライン桿菌が乳酸桿菌の一種だからです。

更年期になり女性ホルモンが減少すると、デーデルライン桿菌がいなくなり、膣内は細菌が繁殖しやすくなります。細菌が繁殖は臭いの原因となり、股が臭いと言うことが起こります。

若い女性でもストレスや体調不良でホルモンのバランスが崩れると、デーデルライン桿菌がいなくなり、膣内に細菌が繁殖し臭いの原因になることがあります。

普通の石けんで洗いすぎは逆効果

股が臭いと気になってついつい石けんで丁寧に洗ってしまいますよね。

一般的な石鹸(アルカリ性)を使用すると、膣内の酸性が弱まりアルカリ性になることで、雑菌が急激に増殖することがあるので逆効果です。

もし洗うなら、酸性のソープでデリケートゾーン専用の石けんがあります。

デリケートゾーン専用ソープ「ジャムゥ」

あさイチの番組でも、「あそこの臭いにはデリケートゾーン専用の酸性ソープがおススメ」だと言っていました。

また、同じくあさイチでは、下着(パンツ)が臭うのは、尿漏れではなく「尿の拭き残し」が原因の1つとも言っています。

下着が臭わない「正しい尿の拭き方」はこちらで詳しく書いています。

ニオイを気にしすぎてもNG

更年期の時期はゆらぎの時期。色々な体調変化によりニオイに過敏になる人が増えます。まわりがあまり気にしていなくても、本人が異常に気にするケースです。

尿が臭い

膣のニオイの他、尿の臭いが気になりショーツが臭うのではないか?と心配する人もいます。私も時々、尿が臭いと感じることがあります。

しかし、色々な不安要素が多い更年期を過ぎると、ニオイが気にならなくなることもあるそうです。

尿のニオイにはクランベリー

アルカリ性の尿は、感染を起こしやすく結石もできやすいと言われています。

クランベリーは、アルカリの尿を酸性化する働きがあります。尿の臭いの軽減や尿路感染の予防になり、お肌のトラブルにも良いそうです。

クランベリー

クランベリーに含まれるキナ酸が、体内で酸性物質になり、尿中に排出されます。これにより、アルカリ尿を正常なPH(ペーハー)に近づけることができます。

尿が酸性に傾くと、ニオイの元となる雑菌の繁殖を防いだり、尿のにごりを軽減することができます。

また、クランベリーに含まれるポリフェノール(プロアントシアニジン)は、尿路の上皮細胞に細菌が付着するのを防ぐ働きがあります。

私は、更年期の「尿のにごり」に悩まされています。膀胱炎の様な症状があり不快感が続き、おしっこのキレも悪いです。

抗生物質を飲むことで膀胱炎を引き起こす細菌はいなくなるのですが、尿の濁りがなかなか取れず不快な症状が長引くことがあります。

また、膀胱炎の症状とは別に、突然「もよおす」と我慢できないくらいトイレに行きたくなってしまうので外出が怖いときがあります。

そんな症状にも「クランベリー」が良いようです。

【ペポカボチャ種子エキス&クランベリー】

女性ホルモンのサプリメント

更年期時期の股のニオイの原因は、女性ホルモンの減少により「デーデルライン桿菌(かんきん)」が減ることで起こることがわかりました。

更年期が終わると気にならなくなると言うこともあるようですが、やはり臭いのはストレスですよね。

周りの人に気づかれたらと思うと人に会うのも避けてしまいます。

専用デオドラント石けんやクランベリーの他、減少した女性ホルモンを「エクオール」で補うことも対策の1つです。